ファクト#18. 不吉な色?

IMG_3042

JinK: ビショップさん、色について考えたことある?

Bishop: 何ですか、唐突に。どういうことですか?

JinK: あいまいだったね。うちの浴室のタイルなんだけど…

Bishop: タイルがどうしたんですか?

JinK: タイルが、縁取りされていて、色が黒なんだよね。

Bishop: 黒だと問題なんですか?

JinK: 黒はね、いろいろと解釈がある色だけど、日本では、あんまり縁起がよくない色なんだ。

Bishop: そうなんですか?

JinK: 例えば、遺影の額縁は、黒だし、黒猫に出くわすと不吉だと言われているよ。だから、

日常の写真を黒の額縁にいれるってことは、日本人は絶対しないと思う。

Bishop: わかるような気もします。黒って、バットマンみたいで暗黒のイメージもありますもんね。

JinK: でもアメリカだと、写真たてに黒使ったり、食器に黒使ったりするでしょう。あれは、

かなり違和感があるんだよね。

Bishop: でも、日本でも宅急便のロゴは、黒猫だったりしますよ。

JinK: いいポイントだね。確かに黒の親猫が子猫を加えているロゴだね。あれは、子猫を親猫が

運ぶのと同じように、気をつけて、大切に荷物を運ぶとう意味があるらしいよ。屁理屈でいえば、

黒猫は、実は幸運を運んでくるが、黒猫が横切っていってしまうと、その幸運までも持っていって

しまうということらしいよ。宅急便は、横切らず、幸運を届けるとうこと。

Bishop: なるほど。

JinK: ところで、アメリカって、使ってはいけない色ってあるの?

Bishop: どうですかね?アメリカは、人種のるつぼだから、何でもありじゃないですか?

自由の国ですから。

JinK: そうかもね。日本は、紫は高貴な色だと思われているよ。だから、勲章は紫だったりする。

アメリカでは、どうなの?

Bishop: どうでしょうね?

JinK: 僕は、オレンジが好きなんだけど?

Bishop: オレンジですか?それは、どうでしょうね。

JinK: そうだよね。アメリカの囚人服はオレンジだからね。誰もオレンジ着ていないから、

着なくなっちゃったよ。

Bishop: 東海岸と西海岸でも色の好みが違うからな。なんともいえないですね。

JinK: そうかもね。

Bishop: 考えみたら、日本でも正装は、黒ですよね。結婚式の時の紋付袴も。だから、

黒はいい色という解釈もあるんですよ。

JinK: いいポイントだね。じゃあ、これからは、厳かな気持ちでシャワーを浴びることにするよ(笑)。

ファクト#17: 日本では、黒の縁取りは縁起が悪い。

by Bishop & JinK.

アメリカと日本の違いについて、疑問、質問があれば、下記コメント欄にお書きいただければと思います。

今後のブログのテーマとして、織り込んでいきたいと思います。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s