ファクト#7 他人との距離感?

glasses

JinK:  ビショップさん、この前、電車に乗っていたら、見知らぬ人に声をかけられたんだよね。

Bishop:  何て声をかけられたんですか?

JinK:  30代前半ぐらいの大柄で小洒落た若者に「眼鏡、カッコいいね!どこで買ったの?」って聞かれたんだよ。

Bishop:  いいじゃないですか!

JinK:  確かに褒められるのは嬉しいんだけど、見知らぬ人に声をかけられるのは、少し、警戒しちゃうよね。

日本だと、他人に話しかけられることは少ないし、話しかけられる場合は、何か売りつけられるとか、

得体の知れないグループへの勧誘が多いからね。

Bishop:  それは、多分、勧誘とかではなくて、単にいいなと思ったことを口にしたんだと思いますよ。

JinK:  多分、そうだね。

アメリカで、これが初めての経験ではなくて、以前も、見知らぬ人に、

「いい色のジャケット着ているね。私は好きだな」と言われたよ。日本では、素性の知らない

見知らぬ人にそんなことを言われることは絶対ないね。言われて嫌な気分にはならないけど。

慣れていない日本人にとっては、こういうのって、緊張しちゃうんだよね。

Bishop:  悪いことを言っている訳ではないので、いいじゃないですか?

そういうのがきっかけで会話が弾むかもしれないし。

いろいろな人と話すスモールトークは、楽しいですよ。

JinK:  確かに、アメリカ人は、思ったことは、直ぐに口にする傾向が強いかもね。

日本では、話す相手が誰かということによって、話す内容や話し方を変えるんだよね。

見知らぬ人が話しかけてくるときは、何か魂胆があるのではと訝しがるよ。

しかも、他人に馴れ馴れしく話しかけるのは、失礼にあたるしね。そこは、アメリカと日本の大きな違いだよね。

Bishop: そうかもしれないですね。日本は、知人と他人に対する話し方が極端に違いますね。

アメリカみたいな気楽さがないので、寂しくなるときがあります。なぜ、日本は、他人と話にくいというか、

他人との距離感が遠いんでしょうか?

JinK:  基本的には、日本人は、恥ずかしがり屋が多いし、見知らぬ人への警戒心が強いんだと思う。

日本は、昔は、士農工商という身分があったし、士の中でもランクがあったから、どういう身分の人なのかを

気にするという文化があるのかもしれない。

ムラ社会で、ある特定のグループに属しているということも関係しているかな。

  一旦、グループに入ってしまうと、話も弾むんだけど、グループ外だと他所ものとして排除しよう

とする傾向が強いね。村八分という言葉もあるし。

Bishop:  何ですか、その村八分とは?

JinK: 村というのは、日本の村落の単位のことで、ある集団と考えてくればいいと思う。

村八分とは、ある集団の掟や秩序を破ったものは、基本的に一切の交際を絶つというもの。

但し、仮に10の共同行為があるとすれば、葬式と火事の2つは除くので、八分。

  葬式は、放置していると伝染病になったり、火事は、延焼したりと村に迷惑がかかるから、

除外しているんだよね。

  それくらい、グループ内にいるのか、グループ外なのかということを気にするということ。

Bishop:  そうなんですか?

JinK:  日本は、歴史的に稲作民族だから、村という単位で結束して、米を育てることが大事。

村以外の人は他所もので、警戒すべきものというのが根強く残っているんだと思う。

一方、アメリカは、フロンティアスピリットだから、いろいろと情報交換しながら、新しい機会を探す

ということが得意だという印象があるね。

Bishop:  確かにそうかもしれないですね。アメリカ人は、他人と気軽に情報交換することは好きですよ。

日本でも、いろいろな人と気軽に話せるといいのにと思うことが多いですよ。

JinK:  その通りだね。ようやく、アメリカのやり方にも慣れてきて、買い物の時に、レジの人ともスモールトーク

も楽しめるようになってきたよ。

  この前もレジの人に「このベーコン美味しいんだよね。私もこれが一番好き」て言われて、

「うちの妻がこれが一番美味しいっていうので」と返事をすると、

「あなたの奥さんは見る目があるわね〜」って褒められたんだよね。

ちょっとしたことだけど、家内も喜んでいたよ。

確かに、こういう会話は楽しいし、アメリカのいいところだと思う。

Bishop:  それはよかったですね。是非、いろいろな人ととスモールトークトライしてみてください。

JinK:  そうだね。やってみるよ。でも、日本で、レジの人に、「どう?元気?」みたいなことをいうと、

「えっ、何?変な人」だと思われるからやめたほうがいいよ。

レジの人も、「このベーコン買うとは、奥さんも見る目あるね」という個人的な意見を言わないし、

日本の場合、レジの人はスピードが肝心だから、余計なおしゃべりはしないんだよ。

日本人が愛想が悪いということではなく、そういう文化なんだよね。郷に入れば郷に従えということかな。

  せっかくアメリカにいるので、どんな場面でもスモールトークが楽しめるようになりたいね。

ファクト#7 アメリカ人は、見知らぬ人とでもスモールトークを楽しむことが上手である

by Bishop & JinK.

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s